ゲームデザイナーに興味がある人に、その仕事内容と役立つ資格を説明します。

HOME>特集>成長を続けるゲーム業界で求められる人材になるには

目次

これからのゲーム業界に求められる仕事です

ゲームデザイナーとは、ストーリーや世界観、キャラクターやアイテムなどゲームの様々な設定に携わる仕事です。近年のゲーム業界ではポータブル式ゲーム機やテレビゲームに代わり、スマホやPC向けのソーシャルゲームが成長を続けています。常に新しいゲームが開発されている訳ですから、ゲームデザイナーの需要は増加傾向にあるといえるでしょう。ゲームデザイナーとして働くには、ゲーム制作会社への就職が一般的です。センスや実績が評価される世界なので、必須とされる資格はないのですが、企業へのアピールとなり仕事をする上でも役立つ資格はあります。

ゲームの仕事に役立つ検定があります

まず最初に挙げられるのは「CGクリエイター検定」で、これはCGや映像制作の知識やスキルを証明する検定です。次に挙げられる「マルチメディア検定」では、コンピューターやインターネットなどマルチメディア全般の総合的な理解を評価します。また「Photoshop能力認定試験」や「Illustrator能力認定試験」も、実務でより力を発揮できる資格です。これらの資格は働きながらでも独学で取得可能ですが、ゲームの専門学校に通えば効率的に勉強できます。ゲーム業界にも強いパイプがあるので、希望の企業でゲームデザイナーとして働くチャンスが拡がるでしょう。

広告募集中